本文へジャンプ

メンテナンスマニュアル

ジェイベック製の換気ファンは、お客様ご自身でお掃除ができるように設計されていますが、自信がない方にはメンテナンス(有償)も承ります。ジェイベック(株)お客様相談窓口にご相談頂くか、メンテナンスのお問い合わせをフォームにて受け付けています。詳細はこちら

ジェイベック(株)お客様相談窓口 TEL:025-250-8900
新潟市東区卸新町1丁目2059-5
受付時間:平日9:00~17:30(但し12:10~13:00の間は除く)
土・日・祝祭日と年末年始・夏期休暇など弊社の休日は休ませていただきます

お手入れ方法

換気ファンの簡単お掃除

24時間換気システムには、においや塵、ほこりなどを外に出し、新鮮な空気を取り入れる空気の循環を目的としています。換気ファン本体のお手入れは年1回程度お掃除をしてください。ファン内部の埃を放置しておくと換気能力が低下し、故障の原因になります。定期的なファンのお掃除をおすすめします。

ダッチマン/マデロン編

  • 準備しておくと良い掃除道具
    掃除機、手袋、雑巾、脚立や椅子、プラスドライバー、古新聞紙、割り箸、歯ブラシ
・スイッチの停止
ファン清掃前には必ずレギュレーター(コントローラー)のスイッチをOFFにします。
注)スイッチをOFFにしてから1~2分間はモーターがまだ回転しており、この間の取り外しは大変危険ですから必ず3分間おいてから取り外すようにしてください。
・ブレーカーの停止
次に必ず安全のため電源ブレーカーを切ってください。分電盤換気項目のブレーカーを操作することで停止できます。
・ファン本体位置の確認
ファン本体設置の天井点検口を手で支えながら開き、フェース部分が見えるか確認します。
注)作業中頭上には十分注意してください。作業の際は、対象物を手でおさえてください。
・表カバーの取外し
+ドライバーで本体前面の2本のビスを回し、フェースカバーを外します。(ビスは失くさない様にして下さい)
注)ファン本体掃除の際、けがをする恐れがありますので、ゴム手袋を使用してください。
・モーターの取出し
モ-ター付の配電盤が現れますので上下のツメを引っ張り、「カチッ」と音がしたらモーターをゆっくり下げて取り出します。
注)モーターの羽等破損しないように慎重に行ってください。
・モーターの取出し2
さかさまの場合、重みでモーターが落ちてこないように気をつけてください。電源ケーブルが5mありますので、新聞紙を敷いた床、又は洗面所へそのまま移動します。
・モーターのお掃除
手を切らないように軍手を着用してから、ファンの羽根のほこりを割り箸でそぎ落とします。清掃には毛が長めのブラシ、歯ブラシや、掃除機の吸い込み口などを利用してほこりを取ると簡単です。
・モーターのお掃除2
汚れのひどい場合は、ブラシや布に中性洗剤を含ませ羽の汚れを落として下さい。きれいになったら逆の手順で戻します。

DCエンジェル編

・ファン本体位置の確認
ファン本体設置の天井点検口を手で支えながら開き、フェース部分が見えるか確認します。
注)作業中頭上には十分注意してください。作業の際は、対象物を手でおさえてください。
・電源スイッチを切る
本体の電源スイッチを切ります。
注)スイッチをOFFにしてから1~2分間はモーターがまだ回転しており、この間の取り外しは大変危険ですから必ず3分間おいてから取り外すようにしてください。
・表カバーの取外し
化粧ねじ(4本)を手でまわして表カバーを外します。(ビスは失くさない様にして下さい)
注)ファン本体掃除の際、けがをする恐れがありますので、ゴム手袋を使用してください。
・表カバーの取外し2
さかさまの場合、表カバーが落ちてこないように手で押さえるなどして、十分気をつけてください。
・モーターのお掃除
掃除機の吸い込み口などを利用してほこりを取ると簡単です。汚れのひどい場合は、ブラシや布に中性洗剤を含ませ羽の汚れを落として下さい。きれいになったら逆の手順で戻します。

ご不明な点はジェイベック(株)お客様相談窓口にご相談ください。

ジェイベック(株)お客様相談窓口 TEL:025-250-8900
新潟市東区卸新町1丁目2059-5
受付時間:平日9:00~17:30(但し12:10~13:00の間は除く)
土・日・祝祭日と年末年始・夏期休暇など弊社の休日は休ませていただきます

スウェーデン製 室内給気グリル「パスカル7/リフレッシュ80」メンテナンス マニュアル
PDF(パスカル7 130KB)】【PDF(リフレッシュ80 330KB)
2メンテナンス用品のご注文はこちら
FAXまたは郵送をご希望の場合は【こちら(注文用紙 283KB)